2004.11.17

皆既日食

太陽の無い世界は大変だ。
フタさんのいないガンバは大変だ。
サカダイを立ち読みしていたら、なんとなく“天岩戸隠れ”を思い出したので、
あんまり面白くないですが、天岩戸隠れっぽいガンバを書きます。
長いんで、よかったら続きからどうぞ〜

『フタの押入隠れ』
ある日、二川は押入れに身を隠した。
戸を堅く閉め、試合だと言っても出てこない。
これにはガンバの皆が困った。
二川が引き篭もってしまうということは、
ガンバから10番の太陽が失われてしまうと言う事だ。

試合は悲惨な結果に終わり、
ガンバは絶望に包まれた。

他の者も、このままではもっと大変なことになるので、
どうしたら二川が出てくるか考え、作戦を練り、
それを実行する時がやってきた。

選手達は押入の前にゲームを多数持ち寄り、
卓袱台を中心にハードを並べてゆく。
テレビの前に選手たちが集まり、ゲーム大会を始めた。
ゲームをして、ゲーマーの二川を誘い出そうと言う考えである。

(♪ぴーろり ぴーろり ぴーぴろぴーろり)
(♪ぴーぴろぴーろー ぴーろーろー)

あたりには、おなじみのコロブチカが流れる。
しかし、さすがにテトリスでは二川は出てこなかった。

そこで、児玉はウイイレをプレステにいれ、
今度はウイイレ大会をはじめた。

ゴールが決まるたびに、
卓袱台のまわりは歓声と笑い声に包まれ、
さすがの二川も覗かずにはいられなくなり、
ふすまを少しだけあけ、外の様子をうかがった。

これがまさに、宮本が画策した瞬間だった。

彼を待ち構えていた大黒が、ふすまを力任せに引き開け、
二川の手をとって引き出した。

そしてすかさず中山が、
頭の紐を外し、それで押入れの周りを囲い、
「2度と再びこの中に入らないで下さい」
と二川にお願いした。

すると二川は承諾し、
何事も無かったかのように、
児玉とウイイレをはじめ、
試合にも出るようになった。

そしてガンバには光が戻り、
ガンバは再び息を吹き返したとさ。



すんません、時間かけて長く書いたワリには全然面白くないorz

かなり略してますが、天岩戸隠れの話はここを参考にしました。
恒さんは思兼神のつもりで、児玉は天鈿女神(よりによって女か!:笑)
オグリは天手力男神。パワー全快で点を取って欲しいという願いも含んでます。
ゴンタロは天太玉神…注連縄=頭の紐
天照は男性という説もあるらしいですね。
(メガテン3の攻略本かなんかで見ました)
posted by まめ at 01:42 * 千葉 * Comment(2) * TrackBack(0) * ガンバ大阪

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
AA化キボンヌ(笑)
Posted by 加藤斎翠 at 2004.11.17 08:07 
AAですか〜
あんまり得意じゃないけど、ちょっと挑戦してみたいです(笑)
Posted by まめ at 2004.11.18 20:58 
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。