2004.11.20

マリノス戦直前!

直前記事チェック!
【J1-2nd:第13節 G大阪 vs 横浜FM プレビュー】
 >  注目は両者の攻撃力。堅守を誇る両チームだからこそ、それを迫力、勢いのある攻撃力がいかに打ち破り、爆発するのか。横浜FMは今節、FW久保、FW安を欠くものの、目の見張る成長を遂げているFW坂田をはじめ、前節・市原戦で今季初ゴールを挙げたFW清水らスピードのある選手は間違いなく脅威。彼らに中盤のMF奥、田中の存在を考えれば、ホームとはいえ、G大阪が彼らの動きに警戒を強めてゲームをスタートすることは間違いないだろう。
堅守を誇る…間違ってるような;;
マリノスも今日は、代表のDFいないけどね。正直ボンバーは怖い。
でもボンバーvsオグリという心臓に悪い対決を見たかったのは、間違いない(笑)

 >  ただし、今のG大阪の強味は『取られても取り返せる攻撃力』がチームに備わっていることを忘れてはならない。得点王争いの渦中にいるFW大黒や個人技でも持ち込めるFWフェルナンジーニョを中心として、MF二川、MF遠藤、更に両サイドの選手たちが積極的に攻撃に絡んで、攻撃を組み立てる。現に、首位・浦和にも負けない年間ゴール数66という数字はその勢いを証明するものでもある。
しかし、失点も多いんだってばよ!(笑)
でも遠藤さん、こんなこと言ってるんで、やっちゃいますよきっと。
代表で(ry…だからそのぶんやりますよ。ね、ヤット!

オグリだって、期待させてくれてます
いい話もあるし、絶対決めるべし。オグリ!

 >  その攻撃力が堅守を誇る横浜FMの守備網を打ち破ることはできるのか?いや、それができてこそ、かつ、正念場の一戦をものにできてこそ、G大阪が本当の意味で『タイトル』を争うにふさわしいチームだということが証明される。
…負けたら意味ないからね。
レッズに優勝あげるような真似だけはしたくない。
これだけは絶対嫌。


あと、AOQLO巡りをしてたところ、
topdog+blogさんにて、日本歴史占いを発見。
…で、やってみました。
当たってるとこはアンダーライン。
どっちでもないな〜ってとこは装飾なし。
ぜってぇ違う!ってとこは抹消線です。

『吉野太夫』自意識過剰な思い込み美人

 理想の自分を心中高く掲げて日々努力する人です。話術に長け、相手の呼吸を的確に読んで間をとり、相手を魅了。その裏にあるのが、強大な自尊心。相手にどう見られているのかを過剰に意識しています。艶名をあげた吉野太夫は、稀代のモテる女でした。女遊びをし尽くした京の豪商も、まさにぞっこん。美貌に加え、茶、和歌、舞、香道等の諸芸に秀でていなければ、最高位の太夫は張れません。ただ、飽きっぽいので注意。

■頭脳・知識
何事も優先順位をつけて段取りよくこなせるタイプ。たくさんの情報をインプットする能力にも長け、情報を頭の中で駆け巡らせて必要な要素だけスッと出す器用さも。

■センス
とにかくオシャレ。衣食住から、パートナーとする男性にいたるまでスタイリッシュでなければ気がすまない。「今っぽい」自分でありたいために、どんな無理もするナルシスト

■感情
自意識過剰な言動が、そのまま個性になっている。「ホメて!」と顔に出ているので、ある意味、わかりやすくていい人。プライドの塊だから、本音をぶつけられると大いに傷つく。

■外見・言葉
理想を目指してガンバッテいる自分と、高い理想に押しつぶされそうなもう一人の自分が常に戦っている。心の揺れが大きいので、そのスキにつけ入られて痛い目にあうこともある。

■行動
いいナと思ったこと、自分にプラスになりそうなことにはすぐに飛びつく。趣味・習い事などは数限りなく遍歴するタイプ。飽きっぽいだけだが、それを悪いとは思っていない。

ほほほ(笑)感情大当たり!
褒められなければ自己満するときもあるわよ!(笑)
情報インプットは…好きなもんならいくらでも、と言った感じ。
嫌いなもんは入らない。数学は入りません。物理も。
…というか今っぽいってナニ?(笑)
髪は染めないピアスは開けん、そんな自分です。
染めたら亡くなった婆ちゃんに悪いもん…
ひじき食って黒くしろ、っていっつも言われてたから。
(ひじきで黒くなるよ、ほんと。真っ黒だもん:笑)

でも、占いにしては結構当たってるほうかな。
(いつも当たんないから)

ちなみに、ともさんは額田王だそうです。
あんまり当たってないみたいです(笑)

さて…試合前の一句。

 ちっちゃすごい
 そこのけそこのけ
 フェル爺ドリブル
posted by まめ at 13:08 * 千葉 ☀ * Comment(0) * TrackBack(0) * ガンバ大阪

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。