2005.12.24

いいかげんなサンタ

 すごくどうでも良いんだけどクリスマスだし、小学校の頃のプレゼント交換をなんとな〜く今日思い出した。
 みんなで1500円くらいの額のプレゼントを持ち寄って、プレゼントを音楽にあわせてくるくるまわしていくんですけど、 3年生くらいの頃のプレゼントの中で一番人気だったのがサンリオの文房具セットで、みんなそれを貰おうと必死だったんだよね。
 …で、4年〜5年と、文房具セットを持ってくる比率がどんどん上がっていって、はじめはみんな文房具セットが欲しかったのに、 6年の頃には敬遠される存在になっていったんだよなー。文房具への憧れとか薄れていくでしょ、5〜6年て。 しかもサンリオの微妙なキャラのセット貰っても使い難いし、毎年毎年同じもん回されてもウザくなってくるんだよね。
 運よく私には当たらなかったけど、「文房具セットヤダヤダー!」って言う子、絶対いるじゃないですか。そういう子に対して先生は 「○○くんがせっかく選んで持ってきてくr(ry」とか言うけどさ、子供の頃ってそんなんまで考えてられないから、 本当にイヤなら貰った子は泣くよね。で、あげた子も泣くと。そしてクラスは嫌な雰囲気になると。最悪ですね。
 つまり私の言いたい事は「いっぱい詰まってるから文具セットでいいや」 なんていう保護者的な立場の考えはやめれ!ほんとにみんなが貰って喜びそうなものをやれ、っちゅーこってす。「今ならムシキングでいいやー」 とかもやめれ!女子に当たったら可哀相じゃないか。大概の女子は虫が嫌いなんだぜ、保護者諸君!
 お願いだからプレゼント交換の品を適当に選ばないで下さい…(っД`)エーン


 もひとつ、クリスマスプレゼントの話。
 幼稚園の頃じゃんけんゲーム(メダル入れて遊ぶやつ)にはまっていた私のクリスマスプレゼントのお願いは 「100えんちょうだい」でした。
 (まあ、なんて欲の無いお子様なんざましょ!)

 枕元におもちゃのブーツを置いて眠り、翌朝ブーツを見ると…なんと!
ミッキーマウスのキーホルダーがあるじゃないですか!
ピュアな私は「なんか違うけど、まあいいや!ミッキーのキーホルダーだあ〜」と、単純にはしゃいでいました。が、 まだ何かブーツに入っているらしく、底のほうで音がするので、コインかな〜?と、ワクワクしながらブーツをひっくり返してみると・・・

( ゚Д゚) ポカーン IIIIIIIIII

10円玉が10個入ってた。


・・・それ以来、私のサンタさんに対するイメージは変わった。

イメージ崩壊前
・魔法が使える
・煙突から入ってくる
・「100円でいいのかい?(欲が無い子だなー)」と思ってくれる
・トナカイに乗ってくる

イメージ崩壊後
・子供だましが使える
・勝手口から入ってくる
・「100円でいいの?(ラッキー!)」と思っている
・軽トラックに乗ってくる
・自販機のお釣りが全部10円玉


小学生になってから親にこの事を聞いたことがあるけど、 どうやら親も失態だったと思っているらしく10円玉を10個入れた事を認めてはくれなかった。自販機のお釣りが全部10円玉だったんだろ、 白状してください。

サンタさんなんて居ません。
いるのはただのしがないオヤジです。

よいこのみんな!むりなおねがいはやめようね!

posted by まめ at 17:43 * 千葉 ☀ * Comment(0) * TrackBack(0) * そぼくなヨーグルト

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。