2004.12.11

師匠、代表への思い

金曜日の日経の「FW鈴木、代表への思い」、うpしてくれた人がいました。
ありがたや〜。


「FW鈴木、代表への思い」
日本代表の前線で泥にまみれて体を張っているのは、数々のチームを渡り歩いてきた苦労人。鈴木隆行(鹿島、28)は今年、 日本代表で6ゴールを記録した。十月のオマーン戦で1次予選突破を決める決勝点を挙げたFWがサッカーにかける思いを熱く語った。
――夏のアジアカップ前に、ジーコ監督からFWの軸であると名指しされた。
「そう言われたからといってレギュラーが確保されたわけではないと思った。僕はいつも通り、強い気持ちで試合に臨むだけだった」
――アジアカップは苦戦の連続の末、優勝を果たした。
「個人的には、ベルギーから鹿島に復帰して休む間がなかったので、精神的にも肉体的にもつらい時期だった。最後まで疲労は抜けなかった。チームはあの優勝で自信をつかんだ。それが十月のオマーン戦の勝利につながった」
――準々決勝のヨルダン戦で同点ゴールを奪い、PK戦でも外したら負けという場面で冷静に決めた。
「自分が今まで積み重ねてきたものを信じてPKをけったのが良かった。色々、苦しい経験を乗り越えてきたので自分を信じることができる。僕はどんなことがあっても心が折れたことはない。だからこのくらいの実力でも、ここまでやってくることができた」
――二度のブラジル留学がいい経験になった。
「あの経験が僕の原点。何も知らない子供の状態のままプロになってしまったので、何かを変えたいと思っているところにブラジル行きの話が来た。ブラジルでは生活するだけでも本当につらくて、毎日がストレスとの戦いだった。あのころは夜、寝るのが嫌だった。朝が来てしまうから。あの苦しみを乗り越えたのは大きい」
――ベルギーでも2チームでプレーした。
「異文化の中で生活することによって得るものがたくさんある。人間的に幅が出て、それが仕事にもつながる。今後も色々、経験して自分をつくり上げていきたい」
――体を張ったプレースタイルは不変だ。
「技術が高くないので、持ち味である当たりの激しさを生かすしかない。その結果、こういうプレースタイルになった。接触プレーを増やしながら、起点をつくりゴールに向かっていく。昔からずっとこう」
――来年の目標は。
「サッカー選手でいるうちは常に日本代表を目指していく。まずは最終予選のメンバーに入ること。代表ではこれ以上ないプレッシャーを背負ってプレーしている。最終予選も厳しい試合になるだろうけれど、苦しいからこそ熱くなれる。そういう経験はなかなかできるものではない」
(聞き手は吉田誠一)マンスリードイツW杯予選

ID:UuVjjhAAさん乙!
しかしホントに師匠はカッコいいなぁ。人間性に惚れてしまうね。

 > 夜、寝るのが嫌だった。朝が来てしまうから。
これ、分かるなぁ…私も、朝が来るのが嫌な時期もありました…。


この部分は、師匠名言に追加しなきゃね。

 > 色々、苦しい経験を乗り越えてきたので自分を信じることができる。僕はどんなことがあっても心が折れたことはない。だからこのくらいの実力でも、ここまでやってくることができた。
ヾ从゚◇゚)ノ ガァ

頑張れ、師匠!ゴールできなくても応援するから。
posted by まめ at 04:22 * 千葉 🌁 * Comment(2) * TrackBack(0) * 師匠

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
「心が折れたことはない。」
・・・不覚にも涙が(笑

私の周囲は「下手」「なんで代表?」って
声が多いんですが、
自分は鈴木の「いろんな意味での強さ」が
スキです。
最終予選も頼りにしてるぞ!
Posted by ちば at 2004.12.11 14:55 
コメントありがとうございます。

私は、Numberのインタビューで泣いちゃいました・・・。
鈴木不要派って、結構多いんですよね〜。
でも、こういうインタビューとか見ると、
心の強さとか意志の強さとか、そういうものを感じます。
だから、肝心な時に活躍できるんじゃないかと思います。
最終予選も頑張って欲しいですね!

でもガンバと鹿島、天皇杯で当たる可能性大なんで、その時は勘弁して欲しいです(笑)
Posted by まめ at 2004.12.11 19:41 
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。