2006.03.19

近況報告 生きてます

image/bgm-2006-03-19T23:22:44-1.JPG

お久しぶりです。寝てました。
でもポーション飲んだから大丈夫!かろうじて生きてます!

近況
・ゼロックスカップで、熱ばかり上がって咳が出まくる変な風邪をうつされる。こういう症状は個人的に始めてだったので、記念として「S型(埼玉型)インフルエンザ」と勝手に命名
・今年のガンバも面白!…でも今日は…。
・師匠の出番がないので、セルビアモンテネグロの国旗を眺め、イメージしたものとは違って違和感を感じる。
・サンダー鈴木さん(熊)の服(師匠T)を作っているが、上手くいくか分からない。レッドスター風です。
・ドイツの色鉛筆「ファーバーカステル」の発色の良さ、重ね塗りの感触、柔軟な芯に惚れ惚れする(使ったのはポリクロモス。ファーバーカステルの最高級っす…)。しかし1本200円はするらしく、貧乏人は無印のダメダメ色鉛筆(堅すぎ・重ね塗り無理・テカりすぎ、筒型のケースが使いやすいだけ)でも使ってろということかとガックリするが、同じファーバーカステルの水彩色鉛筆のほうがお安い事が判明(高い水彩も有)。しかも無印みたいな筒型ケースのものもあり、魅力的だと思ったが、専門学校の画材を注文してしまったので、あの感触とは暫くおさらばかと再びガックリする。
・生まれて初めて使ったのは、コーリンの色鉛筆だということが判明。あの変なモアイみたいな三角マークはインパクト強すぎ。
・しかしコーリンの色鉛筆をくれたおばちゃんを全くといっていいほど覚えていない。おばちゃんということしか分からないもどかしさを感じる。
・コーリンの色鉛筆は行方不明(´д`)…使ってみたい…。
・引越の準備は進んでねぇのよ〜ん
・友達とカラオケやらボーリングに行っていい思い出ができた。楽しかった!
・あたま切ったら軽い…(※髪です)


…まぁそんなとこね。
今現在は材料も無いし無理だけど、アオクロでのアラウ企画(お世話になりました)や、某師匠スレのファンレター企画とかに触発され、段幕をセルビアに送っちゃおうかなとか思ってるよ!
(かなりありがちに“Japanese samurai 鈴木 隆行”とか書きてぇ)
でも口だけ人間だから出来るかわからないよ!从'◇`)
ホントは、寄せ書きとかあると素晴らしいのですが、私の人脈&現状(引越・入学前)では無理ですね。やるとなると鹿スタあたりでしょ?…私はあんなとこ嫌ですよ。遠いし鹿サポじゃないし。
…じゃあなんでこんなことを考えたのかというと、あちらはサッカーを見に行く人がとんでもなく少なく、スタの写真を見た感じではサポ自体が少ないのでゲーフラやフラッグの数も少ないです(ガンバのゴール裏よりもゲーフラ・フラッグが少ないかも)。
でも送ったとしても問題があって、まず1つ目はスペースが無さそうということです。赤星のホームゴル裏の写真では、ゴル裏にあまり段差と角度が無いせいか(一応椅子はある)、段幕をつけるような柵や手摺が見当らないんですよ。下段にはあるようですがそこにはウルトラスの大きい段幕が付けられているので、隣に付けるような余地はないと思われます(つーか、まともに試合に出てない選手の段幕が、ウルトラスの段幕の隣にあるってのも変だと思うし…)。
2つ目は、選手の段幕を掲げるという習慣があちらにあるか?です。おそらくあるんでしょうが、赤星のホームの写真では見たことがないです(というか、スタンド側を遠くから写した写真を見たことが無くて…)。もしこの習慣が無かったら、日本製の段幕だけポツーンとつけられてしまう可能性もあるわけで…。なんか浮いちゃわないかな、と。
まぁ、手紙(自動翻訳英語w)に「そちらでは分かりませんが、日本では選手の名前や応援メッセージを添えた布を、ピッチにいる選手に見えるように柵などにつけます」とか書けばいいわな(手紙が一番不安)。
あとは、毎試合スタッフさんにやってもらえるかどうか…金があれば毎週自分でやりたいが…向こうのまったく知らん人がやってくれるのか…無理な気がしてきたorz

とりあえず、時間が出来て作れたら送る。おいら貧乏学生だけど鈴木さん応援してるから作ったよとか書いてやる(乱暴)。
送ったらこっちのもん、あとは煮るなり焼くなり勝手にしてくれ赤星さん…は、言いすぎですか。
でもさ、メディアで情報が伝わってこなくて現状が分からないと何かしら(うちの行動がイタかろうと)行動に移したくなるよ…寂しいっすもん(言い訳だな〜)。ハイライトでも試合が見れないと辛いよ…。
posted by まめ at 23:22 * 千葉 * Comment(0) * TrackBack(0) * そぼくなヨーグルト

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。