2006.09.08

バガボンド タイ語版入手!

実家に帰ってたり夏ばてしてたりで久々の更新なのに、サッカーネタじゃなくてすいません。コメントも一応返信したいと思ってます。 スンマセン...orz

今日BOOK OFFでゲットして、どうしてもこのネタを更新したかった…。最近ハマったクチだから、こういうのは嬉しくってさ。
痛んでて300円て、あんまり割に合わないけど、なんでタイ語やねん!と思ったので買っちまいましたよ(笑)。英語版なら多少は解読できるし、 効果音とかも多少アメコミ風になってそうな気がするので、そっちのほうがきっと面白かったに違いない…。 (でも英語版は比較的簡単に入手できそうな気がする。英語版だから。)

ではちょっと、中身を紹介します。ちなみに入手したのは10巻です。柳生に武蔵が乗り込んでる真っ最中ですね。 10巻以外もあったら買ってしまったでしょう。…おっぺけぺーのすっとこどっこいだから。


タイ語版は日本語版と比べて薄っぺらく、 厚さはだいたい日本語版の半分くらいしかありませんが、カットされたコマ・ページはありません。薄いのは紙のせいです。 大きさはバガボンド(日本語版)とほぼ同じですが、タイ語版のほうが明らかに2〜3mm小さいです。
カバーは、日本語版と違って光沢があり、 普通の漫画のコミックスのカバーと似たような紙質(おもに少年誌系のような)ですが、若干薄っぺらく、 カバーの折り返しの部分が破けてしまいそうな雰囲気さえあります。タイトルロゴのギラギラした加工も、もちろんありません。 折り返しの部分も日本のコミックスのカバーに比べて浅く、本の厚さに合わせてあるのかな?という感じです。
印刷の質は(コピーだから当然ですが)、ハッキリ言って悪いです。 カラーページの色の出具合も悪い(←右が日本版)ですが、トーンの明暗が曖昧になっている箇所もいくつかあります。
これはたぶん、日本語版より紙が灰色っぽいせいだと思います…。アフタかIKKIっぽい感じの質感かなぁ…(分かりにくい)。
でもやっぱり、これは漫画だし、バガボンドの10巻なのだ。 そんな比較はあんまり意味無いよね… 。ということで、タイ語のバガボンド10巻の場面を紹介します。 日本語版がある人はそれと比べて見ると面白いかもしれません。
私が2冊を同時に読んでて面白かった場面はこんな感じです。


「ふんがっ」はタイ語でこう言うんだよ!
さあ声に出して発音してみよう!


「武しゃん…」
はい!みなさんもっと頑張って声を出してください!
もっと寂しそうに!切ない感じで!タイ語で!


「むぎっ」
むぎってなかなか言わんよなぁ。
でもみなさん頑張ってください!タイ語で!
息遣いも効果音の表現も頑張ってます。タイ語で。
(ちゃんと、筆の効果音の強弱の表現も頑張ってます。エライ)


久々に会った女性に言ってみましょう!
もしかしたら喜ぶかもしれません。タイ語で。


べり べりっ
書体カワイイ(笑)。

だいたいこんな感じですかね。発音できないし読めないけど。
バガボンドは他にも沢山の言語で発売されているので、見かけたら即購入して、日本語版と一緒に読むと楽しいですよ。
英語版欲しいな〜。「HAHAHA」とか笑うのかな。武蔵が。
ちょっと嫌だな。

posted by まめ at 01:45 * 千葉 🌁 * Comment(0) * TrackBack(0) * むくちをなおすほん

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。