2005.04.17

お見舞いはガンバに?

image/bgm-2005-04-17T18:51:10-1.jpg
なんてことだ。ボケーッと折ってたらいつの間にか120羽になってた。どうするんだこれ…。ていうか何でこんなに折ってんの。


 マリノス戦は解説の「両者攻めているときは得点できませんね〜」というコメントそのものの試合で、2‐2の引き分けのまま終了。FWの連携はやっぱり駄目だったけど、まさかあそこまでガンバが攻めるなんて予想外だった。マリノス疲れてたね。
 振り向いても前を向いても問題山積中のガンバ。前は外人2名が仲良しこよしでオグリの入る隙はなく、フタさんの攻撃参加も減っている。後ろは審判を見て足を止めて対応が遅れたり、監督はどうしても恒さんを使いたくないような選手交代をしている。
 ガンバはいいシュートが何度もあり前半から得点を予感させたが、どれもゴールには入らなかった。だけどマリノスは、日野がファンブルしてそこに詰めていた安が決めるなど、少ないチャンスながらも同点に追いついた。首位の鹿島も一時は市原と同点だったが引き離して勝つことが出来たし、やはり強豪チームには運も備わっているんだなと再認識した試合だった。
 運も実力のうち。「運だけジャパン」と、からかったりもするけれど、ジーコの強運の半分でもうちの監督にも備わっていたら昨日の試合は勝てたに違いない。

 …いっそのこと、千羽鶴はガンバに送るかな。勝てない病を治してねとか書いちゃったりして。
orz
posted by まめ at 18:51 * 千葉 * Comment(0) * TrackBack(0) * ガンバ大阪

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。