2005.06.19

湿気た煎餅?(追記)

WALKABOUT 美しき冒険旅行
ビデオメーカー (2004/12/03)
売り上げランキング: 39,748
おすすめ度の平均: 5
5 都会の少女が遭遇する野生の世界


はい、2本目ですよ「WALK ABOUT 美しき冒険旅行」

 …説明文を読んで期待していた。たとえば映像美とか、このあいだ「裸足の...」を観たばかりだからアボリジニとか…。
 古い映画だから画質の悪さも覚悟していたし、実際画質はあまり良くなかった。古い映画といえば前に「鳥」を観たんですが、年代はどちらが新しいか分からないけど「鳥」は意外と綺麗だったから、これも平気かなと思ってたんだよなぁ。
 演出もあんまり好きではなかった。瞼を閉じて赤くなる演出や、狩りの時の静止画は許せる。ただ、ノイズ音みたいなのがずっと鳴ってたりするのがイヤだった。ノイズはノイズでも「DEAD MAN」は好みだったから、ただ合わなかっただけだと思う。
 映像はというと、主人公の女の子が泉で泳ぐシーンはすごく綺麗だった。夕日や夜更けも綺麗です。しかし、そこでまたノイズのような(ry
 ストーリーは原住民の青年との交流がメインなのに、ラストの青年が木で死んでるところで、何てこたァねぇよ…という風に見えた少女のリアクションに萎えまくり…orz
 でもこれ、思想映画というか哲学的な映画だとしたら納得いくような気がしないでもない…。でもノイズ(ry

 とにかく私にとってはこの映画は、湿気た煎餅でした。食べられない。
ノイズみたいな音がとことんイヤ。もしこのノイズっぽいのが「DEAD MAN」みたいなのだったら、もっと好きになれたのに。ごめんねorz


 …ただ、兄弟と青年の文化の違いや、姉と弟の柔軟性の違いとかはよく描かれていた。普通の女の子にはアボリジニの文化は受け入れられなかったという事だろう。実際、それがわかってやれなくて、現実にもそういう結果になっているんだし。
だけどそれでも少年との別れは納得がいかない。ほんとうに、あんなものでいいんだろうか…。

 自分、やっぱりまだまだ幼いな。もっと理解を深めんとイカンね。
でもやっぱりDVDの画質の改善を望む…。いまは、けっこう古い映画でもそれなりに綺麗になるし。何か問題でもあったのかなぁ…。
posted by まめ at 01:36 * 千葉 ☀ * Comment(0) * TrackBack(0) * 俳優・映画・TV

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。