2005.06.28

最近借りた中での秀作・佳作

TSUTAYAの割引のおかげで結構借りれましたね。TSUTAYAは値段高いけど…ありがとう。
どれもいい映画だけど、個人的に秀作〜佳作あたりの作品はこのへんでした。


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
 愛がテーマなんですが、私にはこのテーマは早かったかも知れない(だからこの記事に入れました:笑)。
映画を観てるというよりは「ロックを聴いてる」と言う感じで、聴覚で楽しめた映画。ヘドウィグの歌の歌詞が良いので、DVDよりサントラが欲しくなった。
いっとくけど、ただのオカマ映画じゃないからね!この中で一番オススメできる映画です。


イブラヒムおじさんとコーランの花たち
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
 少年とおじさんとの交流を描いた、ふつーのヒューマンドラマ。
人物はみんな魅力的で、少年はおませさんっぽくて可愛いし、娼婦たちもいい味だしてました。
少年が住んでる路地裏のアパートみたいなところとか、異国の街並みも好き。
同じ日に観たビッグフィッシュにおされしまったせいもあるけど普通でした。


耳に残るは君の歌声 特別版
「耳に残るは君の歌声」
 ラストがサッパリ系であまりよろしくないが、タイトル通り美しい歌声も耳に残る映画。
ジョニー扮するジプシーとクリスティーナ扮するユダヤの女性の、二人の悲恋を哀しくも美しく描いています。
とくにジョニーの美しさは反則的です。クリスティーナはスリーピィ・ホロウの方が綺麗に見えたけど、この映画でも十分美しい。
ガラス細工にして飾っておきたいくらい二人が綺麗なので、ファン必見でしょう。


アルゴ探検隊の大冒険
「アルゴ探検隊の大冒険」
 こちらはBSで観ました。かなり前に一度だけ観たことがあるから、少し懐かしかった。
この映画のダメなところは、ギリシャ神話に沿ったストーリーなので知っていた私はあまり新鮮さはなかったことと、双子座のカストルはカッコよくなきゃイヤぁぁ〜ということだけ。
まぁ、あの人も十分カッコいいけど、双子座ならもっと白っぽくてフワフワしてるというか、イライジャ・ウッドみたいな人だろうなと想像してたので…(笑)。
ストップモーションを駆使したの怪物たちがどこか愛らしく、世界観に引き込まれました。とくにヒュドラ(と、その骸骨)が素敵。
このヒュドラか、骸骨ちゃんのフィギュアが売ってるのなら教えて下さい。特に骸骨ちゃんは是非欲しいっ!
この作品でハリーハウゼン氏のファンになりそう…今日も彼の作品がBSでやりますね。録画しとこ。
この中では(私は一番好きですが)2番目にオススメします。特撮がうける人には1番手になると思います。CGに見慣れてる人にこそ観て欲しいな。
posted by まめ at 11:25 * 千葉 🌁 * Comment(0) * TrackBack(0) * 俳優・映画・TV

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。