2005.08.16

七人の侍

観た〜!!

原作は偉大すぎた。アニメとの違いはやはり上手く纏められたかどうかにあるような気がする。
「SAMURAI7」のどこらへんが問題なのかというと、前半は原作に沿っていたため上手く纏まっていたけれど、後半はオリジナルにしてしまったため、侍が死ぬペースが早すぎで無理やり感を感じてしまった。それがとても残念でならない。
原作もアニメも、7人のキャラクターはさほど変わらない。
アニメと違いを感じたのはキュウゾウ。アニメはちょっと冷たい感じがしたけど、原作では農民の体調を気遣うなど優しさを感じた。
カンベエはアニメでは存在感が薄くて感情移入しにくかったけど、原作ではリーダーらしくて感情移入しやすかった。アニメと原作では人柄そのものが違う気がするのは何故だろう。
原作でも菊千代は主人公といえるんじゃないだろうか。両方とも侍らしい散り様だと思う。アニメでも格好良いけど、原作の三船敏郎にはあと一歩かなわなかったかな。

こういう映画って日本人にしか作れないよね。ハリウッドには絶対無理だ。
ラストシーンに「また生き残ってしまった」なんて言う映画を産み、その映画を作った監督を産んだ、日本という国に産まれてよかった。
まだ見てない!って人は是非見て欲しい。ちょっと敷居が高いかも知れないけど、まったく古くさくないし、若い人にこそ勧めたい映画です。
posted by まめ at 23:58 * 千葉 ☀ * Comment(0) * TrackBack(0) * 俳優・映画・TV

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。