2005.10.21

栄華の名残の映画「Jリーグを100倍楽しく見る方法!!」

  Jリーグを100倍...(表)  Jリーグを100...2(裏)

パッケージ画像さえネットに無い!両方ともクリックで拡大できます。
(※中古レンタル品を300円で買ったので色がハゲてるし、シールもありますが気にしないで下さい)

なんだか過去の遺産(94年、ブームの最中に勢いまかせで作ったって感じの映画) の香りがしたので、中古300円だった事もあり好奇心から購入しました。
プログラムを見ていただければ分かると思いますが、実写とアニメーション(キャラクターはいしいひさいちさんです)が入り乱れた構成です。
入手は(しようと思えば出来るけど)それなりに難しいと思うので、 追記であらすじを細かく紹介しようと思います(まともに感想書くの、うちが始めてかもね…ってくらいネットに無いので)。


以下、プログラム(名称はgooより引用)解説。
なにぶん古い映画なので、分かりやすいように画像等引用しています。問題があれば削除します。

(1)オープニング・祭の始まり(実写)

  色んな選手のプレーや、サポーターたちがワーワー

(2)スーパープレイ(実写)
  バッキー木場の解説でスーパープレーのVTRが流れる。
  個人的に「別にこれ入れんでも…」というプレーも有。

(3)カリオカ!!アイシテルヨ!(アニメ)
ラモス篇
  スーパープレーの後にいきなりラモスかよ!という違和感まみれの構成。ラモスの声があっていないのでなんかキモイ。
  子供達とサッカーを通して触れ合うというお話。

(4)スターはつらいよ(アニメ)
福田さんが、浦和の町で自分だとばれないように歩くが、 ことごとくバレて追っかけまわされるという話。
寿司屋の店主にかっぱ巻き(アルシンド)や数の子(カズ)を食わされる。レッズの社長の中の人が超棒読みでワロタ(笑)

    (左はパッケージ写真)

(5)激突!肉弾戦 審判は絶対だ(実写)
  TBS渡辺アナ(女子アナ)と金田氏が解説の、ゴール前での衝突VTR。
  J元年の、本並さんの腎臓破裂映像有…。
  痛え〜!リアルで観たら泣いてたと思う。
  ペレイラと反町さん看板激突、すごい血が出てた…(((゚Д゚;)))
  エドゥーてあのエドゥー?若けえ。

(6)蜘蛛男・シジマール(アニメ)
シジマール篇
  シジマールがゴム人間になってます。
  フーリガン?に放たれた蚊を潰していたらシジマールの手足が絡まった!
  そのせいで手足が使えなくなったが、ベロでボールをキャッチ。

(7)大阪の魂(アニメ)
磯貝篇
(※左列上から二番目が磯貝さん)
  磯貝さんキター!(似てna(ry)
  やる気の無いガンバの若手達に「たこ焼きを穴が開くほど見つめろ!」と指導。
  そのうちたこ焼きがボールに見えてきて、 「ボールに喰らい付く意欲が出てきただろう!」とか無茶苦茶な事を言う。
  しかし翌日、若手達はサッカーボールにソースをかけていた…。
  ちなみにこの話に出てくる若手選手たちには、固有の名前は無かった。

(8)ハプニング(実写)
  審判が審判をひっぱたいたり(わざとじゃないよ)、
  ミューレルのシュートがGKの股間にHITしたり(わざとじゃないよ)、
  カズさんのゴールに対し釜本さんがオフサイドだと抗議したりする映像。

(9)黄金の左足…でも…(アニメ)
ディアスさんが左足ばかり可愛がっていたら右足がぐれるという話。

    (左はパッケージ写真)

(10)ジェントルマン・リネカー(アニメ)
リネカーさんが紳士だという話。どんなことがあっても笑ってます。
激突してくる蕎麦屋の声優はレッズの社長と同じ人。やはり超棒読み。

    (左はパッケージ写真)

(11)プレシーズン(実写)
  キャンプはオーストラリアが人気だったんだって。
  とくに「プレシーズン」の部分はナレーションが寒いです。

(12)二つの顔を持つ男(アニメ)
清水に所属していた加藤選手は大学助教授だった! 丸いものを見るとサッカー選手の人格が現れるが、四角いものを見ると大学助教授の人格が現れる。 困った加藤選手はフラッグからピッチまで全部丸にしてしまう。

    (左はパッケージ写真)

(13)アジアの壁と呼ばれる男(アニメ)
井原さんですね。てか、井原さんの声がおかしい。
「はっきり言ってぼくはアジアの壁です」、「アジアの壁の井原です」が口癖で、自分を壁と思い込んでいる。

天気予報の森田さんが友情出演(天気予報の声で)。

    (左はパッケージ写真)

(14)これがサッカーだ!(実写)
  これもバッキーさん。磯貝さんのドリブルシュートやジェフ時代の城さんなど。

(15)荒野の二人(アニメ)
  SAMURAI7よりも前に七人の侍をアニメ化した!… とは意地でも言いたくないけど、それなりにいい出来。 キャラクターが鹿島ってのが悔しい。
  これと比べるとガンバのなんて手抜きじゃんorz ケッ! 鹿島贔屓か!ケッ!
ジーコ(右)、アルシンド(左)勘兵衛=ジーコ
七郎次=アルシンド

    (左はパッケージ裏の写真)
  村が盗賊に襲われた鹿島の村人が、ジーコに助けを求める。鹿島の村を救うには本物のプロのサッカー選手しかいない!ということらしい。
  ジーコは弟子のアルシンドを連れて村に行き、手始めにサッカーを教える。盗賊が襲ってきて、 村人達は団結して(サッカーボールを蹴って)盗賊を退治する。
   「勝ったのは俺達じゃない、本当の勝利者達は村人達だ」 
   「ジーコ、アルシンド、あなたたちは村の英雄です」 など、ラストの台詞も原作のパロディだ。 七人の侍を観た人はニヤリとするに違いない。
  何故出来のいいこれをラストにもって来なかったんだろう。
  …これをラストにしたら鹿島映画になるからかな(笑)

(16)アタマで勝負(アニメ)
サンフレッチェの高木選手の強さの秘訣は、夜な夜なヘディングマシーン? で猛特訓していたからだった…!
ワカメが主食で、勉強も超出来るなど、とんでもなく頭を鍛えている。

    (左はパッケージ写真)

(17)セットプレイ(実写)
  セットプレイについて
  (略)

(18)めざせ、次はフランスだ!(アニメ)
北澤さん。散髪に行ったら変な髪型にされる。
北澤篇
アニメキャラの中で一番北澤さんがカワイイと思うのは私だけですか?この脱力感がかわいい。

(左:パッケージ裏。上段左から二番目が北澤さん)

(19)スーパースター ゴン!!(アニメ)
ゴンさん篇ゴンさんと、ゴンさんのお父さんの話。
ゴンさんが道端でカカシ(中の人はお父さん)に話しかけられたり、お父さんが(狸)に話しかけられたりする。
お父さんて、ネタにされるほど有名なのか…。

    (左はパッケージ裏の写真)

(20)フィールドの魔術師(アニメ)
リティさん。 リフティングのうまさを見とめられ、「おめでとーございまーす!」の、
海老一染之助さん・染太郎さんにスカウトされる。が、断る。
そして二人は窓から傘でフワフワ落ちる…。

    (左はパッケージ写真)

(21)ディフェンダー&ゴールキーパー(実写)
  スーパープレーとか。 これにも本並さんがちょろりと映ってます。

(22)ゴールの守護神(アニメ)
フリューゲルス(…て、 すごく時代の流れを感じるね)の森選手。
サーキット場のゴールで車を止める。
森さんてリアルで天然だったんですか?「…カモメ」て(笑)。

    (左はパッケージ写真)

(23)ゲット・ザ・ウィン!〜エンディング・地域に広がるスポーツの輪(実写)

  (ry ワーワー 終

+城&小倉スーパープレイ
   スーパープレーダヨー ワーワー 終

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 正直な感想…映画館で見てたらさっさと席立つ。
興行収入赤字は間違いなくだったと思う。予算が少なそうだし、当時Jが流行ってたから、そうでもないのかも知れないけど。
 このへん詳しく知ってる人がいたら教えて下さい。

 私はここ最近からのサポだから良さがあまり伝わってこなかったのかも知れないけど、J元年からサッカー観てた人には懐かしい映像かも知れない。
 それにしてもこの映画の構成は酷い。TV番組のスーパープレー集やドキュメンタリーのほうが出来が良いし、 これはTVですら放送できないレベルの作品。よく上映できたなぁと思う。
最後まで学校の教育ビデオとか、教習所のビデオでも見てるみたいだった。
 アニメを入れるなら実写映像は一切なしで一纏めの長編アニメにすればよかったと思うし、 実写をいれるなら実写だけでドキュメント映画みたいな構成にすれば、もっと見れる作品になっていただろうなと思う。
 でも、こういう映画を作ったスタッフがちゃんとしたドキュメンタリー映画を作れるとは思えないのが正直なところです。

 「こんな映画もあったんだよ、Jリーグが出来た頃はこんな風に盛り上がってて、調子に乗ってこんな映画も作っちゃったんだよ」と、 ある意味後世まで語り継げる作品です。
 退屈な映画ですが、過去の映像を見たいときやいしいひさいち監修のアニメが見たいとき、時間が余って仕方が無いときなど、 お近くのレンタルビデオ店でお借りください。

posted by まめ at 14:26 * 千葉 ☁ * Comment(4) * TrackBack(0) * 俳優・映画・TV

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
すごいですね〜!まめさんの紹介を読んでる分にはめちゃめちゃ面白そうなんですが…(笑)!!面白そうっていうベクトルが多分、制作者側の想定してる方向と違う方向に向いてますけれども。これでも映画として大まじめに作って公開したブツっていうのが問題ですよね。いやぁでも機会があったら見てみたいと思いました…北澤さん…カワイイナ…w
Posted by 典子 at 2005.10.21 23:24 
これ観たことあるよw
懐かすぃ(´∀`)
Posted by 名も無き師匠 at 2005.10.22 11:07 
↑の名も無き師匠は僕です。
(本当に名も無き師匠になるのか試してみたかっただけwww)
久々にワロタwwwww
Posted by at 2005.10.22 11:10 
コメントありがとうございます!

>典子さん
そうです、公開してるのが問題です!(笑)
たぶんいま公開したら興行収入超大赤字だと思います。
でも今更こんなひどい構成の映画なんて作る会社も、人材もないかも…。
オールスターの変わりに投票でアニメ映画に出る選手とか選んだら面白そうですね。
(そしたらネットで必死に某師匠に投票する人が続出する予感:笑)

>庭さん
見たことあるとは、貴重ですね〜。
私もスクリーンで見たかったです、ある意味。
名も無き師匠って改造したはいいけどあんまり使わないし、ちょっと意味不明です。
Posted by まめ at 2005.10.24 04:09 
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。