2005.11.08

ナビスコ決勝・旅路編

 土曜日は朝からすでにヤバかったかも知れない。外房線の総武線直通快速に乗り遅れ、出発した駅からすでにジェフサポと遭遇。 なにやらフラッグケースっぽいものを持っている。ゴール裏住人のようだ。
 蘇我、千葉…と、ジェフサポが増え、5〜6人くらい同じ両に乗り合わせる。ジェフサポがちらちらこちらを見ながら「大黒は押さえられそう」 とか、「巻が決めそう」とか楽しそうに話していたので、「させるかあああ!いい気になりやがって」と心の中で叫ぶ。
 錦糸町で乗り換えたら、ジェフサポがもっと増えた。おそらく10人はいる。 ここまで来れば一人くらいガンバサポが居るだろうとあたりを見回したが一人も居ない。非常に心細い。
 千駄ヶ谷もジェフサポだらけ。黄色い中にぽつんと青黒…。まるで自分は「がんばれスイミー」(ナツカシス… )のスイミーのようだなと思う。
競技場周辺の交差点でようやくガンバサポを発見し、ほっとする。9:30頃会場到着したが、ゲートの前は既に長蛇の列。 待ち時間は眠くて仕方なかった。

 試合後、ぼーっとしながら歩いていたらいつのまにかモスに入っていて、クラムチャウダーと海老カツとオニポテを頼んでいた。 そこでは私と同じように空ろなガンバサポが数名食事していた。
 私の隣の席に座っていたおばさんと、その隣に座っていた南米系の少年の会話がとても面白かった。 おばさんはサッカーとは無縁そうだったけど英語がペラペラで、会話を聞く限り少年はサッカーが好きそうだった。
 私は英語の成績が悪いのでなんとなくだけど、少年はロナウジーニョが好きらしい。やっぱり、みんなロナウジーニョが好きなんだね。 もしかしたらその少年、ナビスコを見に来てたのかも。

 帰りの電車は総武線各駅で、乗客の8割がジェフサポ。
裏をかいて?東京駅でわかしおに乗り換えようと思い、御茶ノ水で乗り換える。とにかくジェフサポだらけの電車から降りたかったからね。
 東京に着いて、親に今から帰ると電話すると「わかしおは高いからやめれ。わかしお乗って来るなら迎えに行かない」と言われ、 乗り損ねる。わかしお・・・。わかしお・・・。orz
 しかしちょうどいい時間に東金線直通快速(東京始発)に乗れたため、寝て帰ることが出来た。 しかもジェフサポどころかナビスコ帰りの人もいない。
 ラッキー。さすが東金線直通は違うぜ!

 そして月曜日。自宅からの最寄り駅(※快速止まらない駅)にジェフサポがわらわら居たよ、と友人から聞かされる。
やっぱこのへんの人はジェフなんだなと実感するが、普段の試合の日は駅でまったく見かけないのに、わらわらいたなんて奇妙だなと思った。
 普段、私の住んでるところのジェフサポは、私よりコソコソしてるのか…。もっと堂々としてりゃいいのに。

 ちなみに私は普段からガンバのニットマフラー巻いてたりするし、ストラップもガンバ。
千葉在住のジェフサポさん、もっと堂々としていいですよ!

posted by まめ at 01:37 * 千葉 ☀ * Comment(0) * TrackBack(0) * a trip

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。