2005.11.26

しかし、それでも人生は続いていく

明日は仮免許がかかってるので、今日は早めに更新しときます。試験教官、 モッタン似教官カモーン!。
あったかマフラーホーム最終での対ジェフ戦、2-1というスコアで負けましたが、 いかがお過ごしですか。うちのぬこは寝てしまいました。
最近2-1で負けるパターンが増えているだけに、ちと不安な状態で最終節に突入してしまいましたね。
最終節、セレッソが勝つかガンバが負ければ終わってしまうけど、まだ優勝の可能性は見えているし、最後まで諦められない状況です。 ガンバが勝ちor引分けで、セレッソが引分けor負けの場合(※セレッソが負け、 ガンバが引分けた場合は得失点差で)、ガンバが優勝できますからね。
フロンターレは等々力での相性もいいし、最終節は優勝へのプレッシャーもあり苦戦するんじゃないかと思う。 肝心な時に...以下略なヘタレメンタリティが心配。気持ちがこもっていれば、 ナビスコカップ決勝のような試合も出来るんだから、そういう意味でも今日の試合には勝って欲しかった。
この監督も、そう思っているんじゃないかと思う。

オシム監督
「今日の試合がどうだったとかは、正直、どうでもいい。個人的な気持ちだが、今日の試合にウチは勝ったものの、
遅すぎた。今まで、勝てる試合を取りこぼしていなければ、今日の勝利を喜ぶことができるだろうが……。逆に、
ガンバはリーグを通じていいプレーをしてきた。ウチがガンバに勝ったことで、優勝の可能性をつぶしてしまった
かもしれないという悲しみがある。ウチ、そしてガンバ、両者のためにならない現実だ。笑っている人もいたが、
決して笑いごとではなく、今日の勝利は悲しみだ。そのような視点で私は見ている。試合前に音楽をならしていたが、
それはどうだったのだろうか。選手の耳に届いたのだろうか。しかし、それでも人生は続いていく。

今日の前半は最悪だった。最悪という言葉ですら誉め言葉だ。なぜ、 ウチがリードしていたのか分からない。
後半はよくなった。サッカーという意味でも、いいサッカーができたと思う。ガンバは難しい状況にいたが4、5回
チャンスを作り、そのカウンターでウチもチャンスを作っていた。
今日は試合に勝ったが、引き分けのほうがよかったのかもしれない。それなら、ガンバのためにもなったはずだ。
試合に勝ったものの、得たものはない」

【J1:第33節】G大阪 vs 千葉:オシム監督(千葉)記者会見コメント [ J's GOAL ]
※でもこの引用がどこからなのか分からん…。ガンバスレに貼ってありましたよっと

オシム爺ちゃん、 ほんとにガンバの事を思ってくれているようで、とても嬉しい。会見でこういうこと言ってくれる監督って、ステキだなぁ。 ありがとうオシム爺ちゃん。

「しかし、それでも人生は続いていく」…か。ゲーフラも新調して、フラッグも持って、喉から血の味がするくらい声を出すし、 手の感覚がなくなるくらい手を叩くよ。だからまた、ナビスコ決勝のような試合を等々力で見せて欲しい。もちろん、今度の結末は「優勝」でね。




……ところで、紙テープ持って行ってもいいですかね?
ひとりで盛り上がって投げてたら寂しいじゃん!

posted by まめ at 21:42 * 千葉 * Comment(0) * TrackBack(0) * ガンバ大阪

TrackBack URL

 
 ※関連記事からのTBお待ちしてます。
 リンクなしでも、スパム以外なら大歓迎です。
 この記事へのコメント
 コメントを書く
ご意見ご感想など、ご自由にどうぞ。荒らし以外なら大歓迎。
(※名前を空欄にすると名前が名も無き師匠になります)

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。